トップページに戻る
センターの概要
スタッフの紹介
出 版 物
 フェレイバー研究所は、以下の2つの研究を行います。
  1. グローバリゼーション下の労働と労働運動の変容に関する国際比較研究
     非正規労働の増加や、格差と貧困の拡大、それに対する政府や労働者団体の対応には、各国間に多くの共通点があると同時に、重要な相違点もあります。本研究所は、最近30年ほどの間に生じた政治経済社会的変動の中で労働のあり方がいかに変容し、それに対して、労働運動はいかなる戦略を立てて、対応しているのかについて、国際比較研究を行います。

  2. 高校生・大学生・市民などを対象とした労働教育に関する研究
     本研究所は、正社員の長時間労働や若年層の不安定雇用の拡大といった労働実態を踏まえ、高校生や大学生、市民などを対象とした労働教育実践の実態と効果的な教育方法について調査研究を行います。
   また、明治大学労働教育メディア研究センターなどとともに「社会運動ユニオニズム研究会」や「労働教育研究会」を開催します。